• 安易にAGA治療を受ける病院を選んではいけない理由を考えていくサイト
  • いくらネット上での評判が良いと言っても自分に本当に合っているかどうかはまた別の問題となりますので、AGA治療を受ける病院のベストな選び方を提案していきたいと思います。
  • 頭皮のピーリングがagaに有効というのは本当ですか?頭皮ピーリングについて

    トップページ
    お気に入りに追加
      

    頭皮のピーリングがagaに有効というのは本当ですか?頭皮ピーリングについて

    ■ピーリングとは
    ピーリングは、もともとは顔の皮膚の表面を剥がし取る美容法で、肌のターンオーバーの乱れによってうまく剥がれ落ちなかった角質を取り去り、皮膚を活性化させて美容成分が浸透しやすい状態に導いてくれるものです。サロンやクリニックで施術を受けることができ、家庭用にもピーリングができる洗顔料やジェルが発売されています。

    これを頭皮に応用したのが、頭皮ピーリングです。

    ■ターンオーバーについて
    皮膚には、表皮の内側で生まれた肌細胞が、少しずつ肌表面へと押し上げられて、角質層となって最後には剥がれ落ちていくというサイクルを持っています。これが肌のターンオーバーですね。このサイクルは、20代の健康な肌であれば約28日間、30代では40日間と、年齢を重ねるにしたがって徐々に期間が長くなっていきます。

    また、肌になんらかのトラブルがあると、このサイクルが遅れたり、逆に早まったりしてしまい、角質層の自然な剥離ができなくなってしまうことがあるのです。いつまでも肌表面にとどまっている古い角質は、毛穴につまって皮脂や雑菌の温床になってしまい、健やかな髪の毛の成長を妨げてしまうことがあります。

    それを一掃するのに、ピーリングが有効というわけです。

    ■ピーリングは専門家にまかせよう
    顔用のピーリング剤はたくさん売られていますが、頭皮用のものは通信販のものが一部あるくらいで、ほとんどありません。まだ一般的でないということもありますが、ピーリング剤に使われる酸は髪の毛や毛根には刺激が強すぎるため、商品化しづらいという理由もあるのですね。

    ですから、髪の毛や毛根にダメージを与えないためにも、頭皮のピーリングを行う場合には、サロンやクリニックなどの専門家の手にゆだねることをおすすめします。ピーリング方法は、フルーツ酸などの薬剤で角質を溶かしていくものと、レーザーや細かい粒子を使って取り除いていくものがあります。

    ■ピーリングが合わない人も
    頭皮のトラブルは、古い角質がたまって起こるケースと、洗いすぎや擦りすぎによって角質層が傷ついて起こるケースがあり、後者の場合はピーリングは逆効果になります。また、紫外線によるダメージや頭皮の水分不足がある場合にも、角質層を剥がすのはとても危険なことです。

    敏感肌の人にもピーリングは刺激が強すぎますので、まずは自分の肌質を知り、ピーリングに挑戦する際には、サロンやクリニックによく相談してから始めましょう。